1. HOME
  2. スマートアイテム
  3. モバイルディスプレイ「Sculptor」がCFサイトで予約販売開始
スマートアイテム

モバイルディスプレイ「Sculptor」がCFサイトで予約販売開始

軽量・4K高画質のモバイルディスプレイ

中国にあるモニター基盤研究開発企業・YINGCHUANG Technologyが、「Sculptor(スカルプター)」の先行予約販売をクラウドファンディングサイト・Makuakeにおいて7月28日(火)よりスタートしました。

「Sculptor」は、650~785gの超軽量で、わずか5㎜の極薄、さらに4K・HDR対応の高画質なモバイルディスプレイです。用途によってタッチパネル機能のあり・なしを選択できるのも特徴です。

Makuakeでは2020年9月21日まで「Sculptor」の応援購入を行っており、期間内なら同商品を最大30%オフの価格で購入することができます。

仕事にも遊びにも使える

「Sculptor」は、画面サイズが14インチぴったり。この14インチというサイズのこだわりにより、画面の見やすさと軽量・コンパクトを両立しました。A4サイズのカバンにも収納できるので、持ち運びにも便利です。

さらに、デスクトップ・ノートパソコンでの接続により、Zoomなどを使用したミーティングでは資料とカメラを別画面で使用することができます。それにより、リモートワークの効率化にもつながるでしょう。

また、iPad・スマートフォンや各種ゲーム機器にも接続が可能。視野角が広くどの角度からでもキレイに見えるIPS液晶パネルを採用したことで、ビジネスにもプライベートにも幅広く使えます。画面の自動回転機能もあるので、スマートフォンを大画面で楽しむことも可能です。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※Makuake 「Sculptor」プロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/sculptor/#wrap

※PRTIMES YINGCHUANG Technologyのプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000062435.html