1. HOME
  2. 自己投資
  3. リクルーターの採用スキルを劇的アップ「クラウドTRYトレーニング」をリリース
自己投資

リクルーターの採用スキルを劇的アップ「クラウドTRYトレーニング」をリリース

自己投資

リリース記念に無料セミナーを開催

人材育成クラウドシステム「リフレクトル」を提供するCo-Growth株式会社は、人事・採用コンサルティングや人材紹介・人材育成などの人材マネジメント事業を展開する株式会社人材研究所との協力により、新たに、超効率的な採用力を育成するサービス「採用力のクラウドTRYトレーニング」をリリースしました。

なお、同サービスのリリース記念として、オンライン会議システムZOOMを利用した無料セミナーを2019年12月3日(火)13:00~15:00、12月12日(木)10:00~12:00に開催します。

採用難が深刻化する現代社会では、新卒社員を確保するためにリクルーター制度を復活させるなどの動きがあります。

採用力の低下による不利益な人材確保

「採用」では、面接者の話し方や外見、話の内容などを総合的に判断することで、本当に自社に必要な人材なのかを評価しなければなりません。

しかし、採用の専門的なスキルを持たない人が採用にあたることが多いため、企業に必要な人材の上手な選定が難しく、人材の取りこぼしが発生してしまいます。

また、初回面接時に関わる面接者の数が膨大であるため、その膨大な人数に対する、採用の専門スキルを持つ人材を育成しきれないことが、採用難の問題として挙げられます。

この問題解決の糸口となるのが、今回リリースされた「採用力のクラウドTRYトレーニング」です。

採用力のクラウドTRYトレーニングとは

アウトプット型オンライントレーニング120分+株式会社人材研究所の知見を共有する講義動画30分の計150分にわたるレッスンにより、超効率的にリクルーター個々の採用力育成を図ります。

育成クラウドシステム「リフレクトル」では、採用シーンを記録した動画を利用し、オンライントレーニングを受講するひとりひとりが場面ごとの評価に参加することで、オンライン型学習における受講者の関与度の減少を抑え、効果的な学習を提供します。

またリフレクトルを活用することで、自身の採用レベルが見える化され、今後の方針の決定や、採用に携わる際のあるべき姿との差をより深く理解できるようになります。

さらに、オンライン型学習における関与度の問題点を改善したからこそ、セミナーや集合研修の時間を取ることが難しいビジネスパーソンの参加が容易となる、オンラインにおける利便性を確保することができるのです。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※Co-Growth株式会社 セミナー・イベント情報
https://co-growth.jp/2019/11/13/cloud-try-training_release/