1. HOME
  2. 自己投資
  3. Pythonの知識とテクニックを学べる書籍が刊行
自己投資

Pythonの知識とテクニックを学べる書籍が刊行

自己投資

Python 3 スキルアップ教科書

2019年10月7日、株式会社クリーク・アンド・リバー社のグループ会社であるリーディング・エッジ社とPythonエンジニア育成推進協会が共同執筆した「Python 3 スキルアップ教科書(Pythonエンジニア育成推進協会監修)」が刊行されました。

同教科書は仕事をする上でPythonを使用する人も、これからPythonを学ぼうとする初心者にもオススメの1冊となっています。

開発言語Pythonの基本文法はもちろん、オブジェクト指向、データ構造、標準ライブラリ等のPythonプログラミングのテクニックや知識を学べます。

また、読書を通して頭の中に知識を入力するだけではなく、実際に手を動かしながら学習できるので、よりPythonの知識・テクニックを定着させやすい1冊です。

きっかけは日本有数のPython勉強会

同教科書は、リーディング・エッジ社とStart Python Clubが共同で開催している「みんなのPython勉強会」をきっかけに共著されました。

「みんなのPython勉強会」とはPythonプログラミングの情報交換・共有する場として2015年に開催されて以来、50回以上もの開催実績、5,000名以上の登録会員を保有する日本有数の勉強会です。

同書籍は仕事や研究、趣味を学習目的として利用できるほか、同教科書の監修を務めるPythonエンジニア育成推進協会が実施している「Python 3エンジニア認定基礎試験」の合格を目指せる書籍となっています。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社クリーク・アンド・リバー社 ニュースリリース
https://www.cri.co.jp/news/information/20191015002887.html