1. HOME
  2. フィットネス
  3. 国内初フィットネス特化型シェアリングサービス「Nupp1 Fit」全58店舗に導入
フィットネス

国内初フィットネス特化型シェアリングサービス「Nupp1 Fit」全58店舗に導入

フィットネス

「Nupp1 Fit」とは

Llotheo株式会社と株式会社ティップネスが業務提携し、2020年1月6日より同社が展開する「ティップネス」、「ティップ.クロスTOKYO」全58店舗ものフィットネスクラブに「Nupp1 Fit(ナップワンフィット)」を一斉導入します。

同社は関東・関西・中京地区を中心に多彩なレッスン、充実した施設を備えたフィットネスクラブを展開しています。

「Nupp1 Fit」とは、国内初のフィットネス用シェアリングサービスです。

フィットネスクラブに通うことが困難な人もいるなか、好きな時間・場所に必要な分だけ通うことが可能になります。同サービスは無料アプリをダウンロードし、会員登録するだけで誰でも簡単に利用できます。

フィットネスクラブをはじめ、シミュレーションゴルフや酸素カプセル、ボルダリングジム等で活用でき、最安15円~の1分単位従量課金制となっています。

「Nupp1 Fit」のメリット

今回の提携で目指すのは、「ティップネス」「ティップ.クロスTOKYO」のユーザー数を向上させることです。

同サービス導入店舗では、上記の課金システムでジムエリアのほかにプール、プログラムレッスンを受けることができます。

なお、同サービスアプリを利用登録するメリットは、一度の登録でアプリ内の全施設を利用可能だということです。また、面倒な施設単位での会員登録や入会手続きも必要ありません。

また、店舗ごとに設置されているQRコードを読み取るだけで、チェックインからチェックアウトまでアプリひとつで済ませることができます。

支払いにおいても、QRコードを読み取るだけのキャッシュレス決済を採用しているため、円滑な施設利用が可能です。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※Llotheo株式会社 プレスリリース
https://note.com/llotheo/n/nc296c039cfd0