1. HOME
  2. フィットネス
  3. Garminがアプリの提供を開始
フィットネス

Garminがアプリの提供を開始

フィットネス

目標達成を近道するアプリ

GPSウォッチのガーミンジャパン株式会社は、ランナーのトレーニングを支援するアプリ「Garmin Sports」の提供開始を2019年9月2日に発表しました。

トレーニング計画のたて方が分からずに走るきっかけをつかめないでいたり、継続はできていてもトレーニングの違いを理解せず、効果が得られなかったりすることがランニングを始めても辞めてしまう原因とされています。

同社は、目標達成の近道は「計画的なトレーニング」と「正しい知識」そして「一緒に頑張る仲間」としています。

ユーザーとコーチが集うプラットフォーム

「Garmin Sports」は、経験豊富なコーチによるトレーニングカリキュラムを提供します。スピードや距離、時間配分など指示に従って走れば、まるでコーチが並走しているような感覚で走ることができます。

コンペティションに参加すれば、つながっているユーザーと競い合うことができます。同社は定期的なGarmin公式コンペティションも開催予定です。

ほかにも、アクティビティデータをソーシャル機能で共有することも可能で、利用状況に応じてアイテムが増えていきます。

ランニングウォッチ「ForeAthlete」のほか、主要なGPSウォッチシリーズで利用可能ですが、トレーニングメニューの送信には「ワークアウト機能」に対応したウォッチが必要です。

公式ランニングスクール開催

提供開始を記念して、Garmin Sportsを活用したGarmin公式ランニングクリニックを東京と大阪でそれぞれ4回開催します。参加者にはオリジナルTシャツがプレゼントされます。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※ガーミンジャパン株式会社 プレスリリース
https://www.garmin.co.jp/event/2019/garmin-sports/

※e-moshicom ホームページ
https://moshicom.com/33231/