1. HOME
  2. ビジネス
  3. 【世界初】セルフチェック機能搭載。事業計画作成ツール「ProfinanSS」リリース
ビジネス

【世界初】セルフチェック機能搭載。事業計画作成ツール「ProfinanSS」リリース

ビジネス

新規事業立ち上げに活躍する「ProfinanSS」とは

株式会社プロフィナンスは、新規事業を立ち上げる際に作成しなくてはならない事業計画の簡単かつスピーディな作成を可能にし、投資家等の視点から自分自身でチェックできるサービス「ProfinanSS(プロフィナンス)」を2019年12月18日リリースしました。

同サービスは「事業計画作り方が分からない」「作る時間が無い」「活用方法が分からない」といった新規事業立ち上げ時にこのような悩みを持つ人の手助けとなるツールです。

解答形式で数値を入力するだけなので、事業計画作成において不得手な人でも、簡単に作りあげることができます。

さらに、世界初(同社調べ)であるセルフチェック機能が搭載しています。これは、事業には欠かせない投資家や金融機関の評価という観点から、自分自身で事業計画を確認できるというシステムです。

同サービスひとつで、簡単に事業計画を作成し、将来的に関係を結ぶこともあり得る第三者の視点からその計画を見直すことができます。そして、意思決定・事業推進に安心して取り組めるようにサポートするのが同サービスなのです。

また、今回有料で提供する同サービスですが「ProfinanSSローンチキャンペーン」として、先着限定30社に無料で提供します。

「ProfinanSS」の特徴

まずは計画の大筋を立てるだけの、基本的な数値を入力する作業は最短3分というスピード性を持っています。

また、ガイド通りに入力することで主要経営分析指標や財務3表が自動生成されます。これにより、煩雑な関数や表作成を行うことは無くなり、作成者以外も数値のメンテナンスを行いやすくなります。

さらに、事業計画作成に不安を抱える人でも安心して取り組めるように、専門家の視点から事業計画作成時の考慮すべきポイントが提示されるため、検討漏れ等の予防にも役立ちます。

そして、世界初のセルフチェック機能です。作成した事業計画を構成する要素を専門家の視点から整理し、計画の実効性を向上させることが可能です。

「ProfinanSS」の提供背景

新規事業を立ち上げる時、投資家や金融機関に融資を受ける際には「事業計画」の提出を求められます。しかし、その中には数字に弱い人も少なくありません。

また、未来の予測という未知の数字を予想し、作成する事業計画は、資金調達の段階でとても多くの時間を費やします。

このように「不確実な予測に対する事業計画作成の難しさ」「資金調達段階の時間ロス」を最小限に抑制することで、新規事業の業務に集中できる環境を提供できるように「ProfinanSS」をリリースしました。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社プロフィナンス プレスリリース
https://www.profinanss.com/blog/profinanss-begins