1. HOME
  2. ビジネス
  3. 東大とソフトバンクがAI研究でタッグ 世界最高目指す
ビジネス

東大とソフトバンクがAI研究でタッグ 世界最高目指す

ビジネス

AI基礎研究で世界最高レベルの研究所

世界最高レベルの最先端人工知能(AI)研究機関を目指し、国立大学法人東京大学(東京都文京区)とソフトバンク株式会社(東京都港区)は6日、共同で「Beyond AI研究所」を設立すると発表した。

研究所は2020年春頃、東大本郷キャンパスに、同年冬頃にはソフトバンクの本社移転用地である竹芝新オフィスに設置。両者は協定を結び、研究成果の事業化にも取り組む。ソフトバンクは今後、200億円規模の投資を行うという。

態勢としては、東京大学が得意とする物理学や医学の学内研究者を配置するとともに、海外の有力大学からも研究者を招いて世界最高レベルのチームを組織し、最先端のAIの基礎研究を行う。

日本のAI革命を牽引

研究テーマとして、現在3つの分野を検討している。

1つは、AI基盤技術の高精度化やビッグデータの解析など基礎研究を行う「Super-AI」。2つ目はAIと量子物理や工学、脳科学などの研究分野を融合させる「Hybrid-AI」で、新しい法則の発見やロボティックス、医療支援システムの開発などを目指す。

そして、研究成果をMaaSやゲノム解析、医療などの分野で事業化を図る「JV-Platform」。事業化にあたっては、経済産業者が新たに設けたCIP制度を活用し、大学と企業のジョイントベンチャーの迅速な立ち上げを図る。

東大とソフトバンクは「新たな研究所を通して、日本のAI革命を牽引していく」としている。

(画像は写真ACより)

【参考】
※国立大学法人東京大学 プレスリリース
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400128343.pdf

※ソフトバンク株式会社 記者会見プレゼンテーション資料
https://cdn.softbank.jp/