1. HOME
  2. ビジネス
  3. 不動産ブロックチェーン登記システム運用開始
ビジネス

不動産ブロックチェーン登記システム運用開始

ビジネス

「レジスターナイト」を利用した権利記録

株式会社ZWEISPACE JAPANは、司法書士法人ライズアクロスがブロックチェーン登記システム「レジスターナイト(RegisterKnight)」を利用して、権利記録の実務運用を開始したことを2019年11月21日に発表しました。

テクノロジー分野で世界のトップアワード受賞実績を持つ株式会社ZWEISPACE JAPANは、不動産ブロックチェーン関連の特許をいくつも取得しており、日本の優れた登記システムを海外に普及させ、業界の世界標準にしていきくことを目指しています。

実務運用に踏み切った司法書士法人ライズアクロスは、設立4年目ながらも所属司法書士数において全国トップ10に入っており、ブロックチェーンについても積極的に取り組む急成長の司法書士法人です。

社内運用から世界標準へ

両社は、2019年春には「レジスターナイト(RegisterKnight)」を利用してブロックチェーンに権利記録を行いました。

業界の間で採用するパブリックチェーンについて注目されており、約2年の調整期間を経て、11月に実務運用となりました。

ライズアクロス内で確実性の高い、円滑な不動産取り引きや権利記録実行など運用を行った後、随時ブロックチェーン権利記録を実務の標準とするべく取り組みを続けるとしています。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社ZWEISPACE JAPAN プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000029068.html