1. HOME
  2. ビジネス
  3. より効果的なアカウント認知へ。SNS運用における2つの新サービス提供開始
ビジネス

より効果的なアカウント認知へ。SNS運用における2つの新サービス提供開始

ビジネス

アカウント認知度向上へと貢献する「SNS営業代行」

Whoever株式会社は2019年12月1日より、「SNS営業代行」と「Member’s」の2つの新サービスをリリースします。

「SNS営業代行」は、投稿した情報をターゲットユーザーへと着実に届けるためのサービスです。ダイレクトメールやコメント、シェア、お気に入りといったコンテンツを利用した営業活動を代行することで、アカウントの認知度を効果的に拡大します。

また、フォローしているユーザーを潜在顧客(見込み客)とし、定期的にその見込み客のアカウントの選定と見直しを行うフォロー管理を実施します。このフォロー管理の実施により、SNS上の営業活動をより質の良いものへと仕上げます。

SNS運用における情報を共有するコミュニティ「Member’s」

一方「Member’s」とは、同サービス利用者のネットワーキングの創出や、利用者各々が抱えるフォロワーの情報の一部とSNS運用での成功・失敗事例などのSNSに関する最新情報を共有し、利用者のSNS運用のクオリティ向上へと貢献します。

さらに、フォロワーの相性の良し悪しも判断し、フォロワー相性が良いとされる利用者同士での交流の機会も設置します。そうすることで、相互にアカウントを宣伝する環境を創り出すことができ、さらなる認知拡大へと繋がります。

SNS運用におけるニーズが高まる起業家・事業主は、情報資産(情報アセットアカウント)の運用に力を入れています。その情報資産への支援をすることにより、同サービス利用者のビジネス繁栄へと貢献します。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※Whoever株式会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000044298.html