1. HOME
  2. ビジネス
  3. 中小企業のIT運用をサポート
ビジネス

中小企業のIT運用をサポート

ビジネス

中小企業にもIT担当者を

株式会社ドリームハイブは、中小企業のシステム開発やITサービスへの戦略策定などをサポートする「クラウドCTO・クラウドITサポート」の運用を開始し、一般企業の受付をスタートしたことを2019年10月10日に発表しました。

同社はIT技術コンサルティング事業を展開しており、ハードウェアをリース契約し導入後、他ソフトやサーバーにアクセスできなくなった事例を経験したことから、このサービスを提供することにしたとしています。

この事例は社内システムへの影響確認が不足していたことや、専任のIT担当者を持たないため、問題が起きたときに解決する人員が不足していたことが原因となっています。

低コストでIT運用が可能

『クラウドCTO』は、中小企業社長のやりたいことを実現可能にするために最適なサービスの導入サポートを行うサービスです。『クラウドITサポート』は、サービスの導入後のサポートを行います。

2つのサービスによって専任のIT担当者を持たない中小企業でも、低コストでシステムやITサービスの導入、運用を行うことができます。

複数の技術者がサポートにあたり、チャットツールにて無制限での相談やリモートアクセスツールを利用して画面を共有しながらの対応が可能です。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社ドリームハイブ プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000049618.html