1. HOME
  2. ビジネス
  3. ブロックチェーン業界の将来について議論
ビジネス

ブロックチェーン業界の将来について議論

ビジネス

日本でもすすむブロックチェーン技術

BINARYSTAR株式会社は、Asia Blockhain Reviewと共同で「ブロックチェーン・カンファレンス 2019 Unblock Tokyo」を2019年10月5日に銀座にて開催すると発表しました。

金融庁が2019年3月に19の団体へ暗号資産取引所のライセンスを発行したことや日本企業100社がデータをブロックチェーン・プラットフォームに記録するなど、日本国内でも先端技術の検証が開始されています。

このことからブロックチェーン業界の将来について意見交換する時期と考え、業界の最前線にいる企業を招き、ブロックチェーン・エコシステムの全体像や動向についてのイベント開催を実現しました。

注目企業が登壇

同イベントはAsia Blockhain Reviewが東南アジアの主要都市で主催している月例イベント「Unblock」の東京エディションとして開催され、最前線で活躍する技術者の知見に触れ、交流するまたとない機会でもあります。

登壇企業としてEEA(イーサリアム・エンタープライズ・アライアンス)、Blockstack、COSMOS、OmiseGO、RSK、Animoca、Ontology、Dapp.com、NEO、MakerDAO、Harmony、Band Protocolが集結します。

基調講演やパネルディスカッションのほか、懇親会も加えたプログラムとなっています。

イベント情報
日時:2019年10月5日
会場:BINARYSTAR(バイナリースター)ー東京都中央区銀座1-8−19 キラリトギンザ11F

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※BINARYSTAR株式会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000040830.html

※イベント参加申し込みサイト
https://binary-star.work/events/unblock_tokyo_2019