1. HOME
  2. ビジネス
  3. 中間管理職のマネジメント課題解決へ「ikas」正式リリース
ビジネス

中間管理職のマネジメント課題解決へ「ikas」正式リリース

ビジネス

データ分析+チャットでマネジメント手法と解決策を

Paddle株式会社は2019年9月17日に中間管理職を務める全ての人がマネジメントの様々な課題についてコーチを受けられる「ikas(アイカス)」を正式にリリース開始します。

データ分析とチャットにて、様々な課題を持つ中間管理職へ最適な解決策や手法を提案するシステムとなっています。

中間管理職は部下の育成、マネジメントに対する期待が大きい役職です。人材の獲得、定着の重要性が高まる傾向にありますが、労働者による働き方の考えも変化しており、マネジメントは年々複雑化する一方です。

また、マネジメント手法は一般的に属人化されている傾向があります。年々変化し複雑化するマネジメントに対応し、効果的結果を示すことは、多くの中間管理職にとって困難です。

上記のような課題を持つ中間管理職を務める人の日々の成長と変革を促すことで、従業員の働く環境がより良く改善され、従業員エンゲージメントやパフォーマンス向上に繋がります。

結果、新たな組織開発・働き方改革を促進することが可能となります。

「ikas」の特徴

アンケートによりスコア化した現時点のマネジメント状態とチャット内容をデータとして分析することで、様々な課題に応じた最適なマネジメント手法・解決策を提供します。

また、個人が悩む実際の課題解決へと取り組むため、座学研修による学習よりも頭に残りやすく、効果を実感可能です。そして、忙しい管理職が課題解決へと継続できる理由は、チャットコーチによる対話と応援にあります。

中間管理職とチャットコーチが直接的にチャットを行うことや同サービスはクラウド型システムであることにより、人事負担の増加をせずとも利用可能であり、一部組織からでも簡単に導入することができます。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※ikas(アイカス)公式ホームページ
http://ikas-hr.com/archives/22