1. HOME
  2. ビジネス
  3. ビズテーラー・パートナーズ、放送局向けコンサルティングサービスを提供開始
ビジネス

ビズテーラー・パートナーズ、放送局向けコンサルティングサービスを提供開始

ビジネス

番組価値最大化のために視聴者のSMSデータなどを分析

イー・ガーディアン株式会社と株式会社サイバー・コミュニケーションズとの合弁会社である株式会社ビズテーラー・パートナーズは、サイバー・コミュニケーションズと共同で、放送局を対象に、ソーシャルメディアにおける視聴者の反響やコンテンツが与える影響度を分析・評価し、課題解決のための戦略立案・実行支援を行うコンサルティングサービスを開始しました。

昨今、放送コンテンツの視聴方法は、テレビを主としたスタイルからスマートフォンを利用したものに変化しつつあります。そして、視聴者がSNSを活用して感想やコメント等を投稿することも増え、さらに、SNSでの話題から視聴コンテンツを選択するという状況となっています。

こうしたスタイルの変化により、放送局の番組価値最大化のためには、視聴者の感想やコメントもコンテンツ価値を左右する要素として重要視されています。

このようなニーズを受け、膨大なクチコミデータの分析・整理に強みを持つビズテーラー・パートナーズは、視聴者が放送コンテンツについてソーシャルメディア上で語った内容に対する話題分析を行い、次なる打ち手に活用できるコンサルティングサービスを開始したものです。

クチコミデータ分析と課題に対するソリューション

提供するサービスには、まず「分析レポート」で、これは、対象の名称などで関連する反響について、内容に応じて中長期で収集・整理・分析したものです。

また、「戦略立案サービス」では、分析レポートより可視化された課題に併せて、必要なソリューションの提供・打ち手の戦略立案と実行支援をします。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※イー・ガーディアン株式会社 プレスリリース
https://www.e-guardian.co.jp/info/2020/20200730.html