1. HOME
  2. ビジネス
  3. サブスク動画配信サービスのプラットフォーム「MOOBER」
ビジネス

サブスク動画配信サービスのプラットフォーム「MOOBER」

ビジネス

サブスク動画配信サービスを立ち上げ

Future’I’Mark株式会社は、7月24日(金)、動画配信サービス事業を立ち上げ可能なプラットフォーム「MOOBER」を正式リリースしました。

この「MOOBER」は、Amazonプライム・ビデオやNetflixなどのような月額課金のサブスクリプション(定額制)サービスの動画配信サービスが作れるというものです。

動画の配信は、手持ちや自作の動画コンテンツをアップロードするだけ。動画はさまざまなファイル形式に対応しており、画質や配信時間などといった配信の基本情報も幅広く設定することができます。

IT導入補助金2020 特別枠(C類型)に申請可能

「MOOBER」では、ブランドカラー・ロゴデザイン・独自ドメインなどのデザインを自由に設計し、オリジナリティあふれるサイトカスタマイズをすることもできます。

また、月額料金の決済などを行う決済システムを標準機能として搭載。決済手数料は3.2%です。

さらに「MOOBER」は定額制動画配信サービスとしてだけでなく、定額制といった課金機能をオフにすることでeラーニングシステムとしての利用も可能です。

ライブ配信も可能で、視聴者の視聴履歴の詳細な確認や、閲覧者ごとに閲覧可能なコンテンツを管理・配信することもできます。

そして、この「MOOBER」は、テレワーク環境の設備や非対面ビジネスモデルへの転換ツールとしての導入で、IT導入補助金2020特別枠(C類型)の申請が可能となります。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※MOOBER
https://moober.net/

※PRTIMES Future’I’Mark株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000061787.html