1. HOME
  2. ビジネス
  3. GMOメディア、ASPにアドフラウド対策ツール「SpiderAF」を導入
ビジネス

GMOメディア、ASPにアドフラウド対策ツール「SpiderAF」を導入

ビジネス

国内初、「SpiderAF」をASPに導入

GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社が運営するASP「affitown(アフィタウン) byGMO」が「SpiderAF(スパイダーエーエフ)」を国内で初めて導入しました。

ASPは「アフィリエイトサービスプロバイダ」の略で、広告主と広告掲載で収益を得たいWEBサイト(アフィリエイター)を仲介する事業者を指す言葉です。

そのGMOメディアのASP「アフィタウン」では、2020年1月から「SpiderAF」の運用テストを行い、このたび6月11日(木)に本格導入しました。

リアルタイムで不正を防止

「SpiderAF」は、株式会社Phybbitが提供するAI搭載アドフラウド対策ツールです。自動化・非属人化に特化し、どんな人でもアドフラウド対策が簡単に行えることを目指しています。

また、アドフラウドとは詐欺広告のことで、広告の表示やクリック、コンバージョンを不正な方法から水増しし広告報酬を搾取することです。

その「SpiderAF」には、そのアドフラウドのリアルタイム検知システムが実装されています。そのため、不正な広告報酬を取得前に防止することが可能です。

このように不正被害を未然に防ぐことで、「アフィタウン」は提携ポイントサイトと広告主双方の利益を守ることにつなげたいとしています。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※GMOインターネットグループのプレスリリース
https://www.gmo.media/archives/2968/