1. HOME
  2. ビジネス
  3. SensesにOCR機能が追加される
ビジネス

SensesにOCR機能が追加される

ビジネス

センシーズに新機能

2020年6月8日、株式会社マツリカは同社が提供する「Senses(以下、センシーズ)」においてOCR機能の提供を始めたと発表しました。

同社のコンセプトは「世界を祭り化する」。テクノロジーと人の力を融合させることによって、これで以上に自由で創造的なワークライフを提供することを目標に掲げている会社です。

そんな同社が提供するセンシーズはクラウド営業支援ツールです。

センシーズを使うことによって、営業の進捗状況を直感的に把握することができるようになります。それは、案件の進捗状況をカード形式で表示するから。内容の更新頻度が下がるとカードの色が変化するため、対応漏れや機会損失を未然に防ぐことが可能になります。

もちろん、外部サービスとの連携も可能。カレンダーやメールとセンシーズを同期することによってメンバーの活動を可視化することができます。名刺管理や請求書ツールと連携すれば情報の一元管理も簡単です。

OCR機能を提供開始

今回スタートしたOCRは「Optical Character Recognition(光学式文字認識)」を略したもの。つまり、AIによってスクリーンショットや写真などから文字を認識して、文字データとして取り込むことができる機能です。

この機能が追加されることによって画像から文字データを取り込んで営業活動情報としてセンシーズに入力することができます。

また、名刺を撮影して読み込むことでセンシーズ内の取引先データと紐づけたり顧客一覧に登録したりすることも。通常の名刺だけでなく、オンラインで交換した名刺でも同じようにすることが可能です。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社マツリカ プレスリリース
https://mazrica.com/press-release/p200608/