1. HOME
  2. ビジネス
  3. レトリバ、データ分析AI「YOSHINA」の先行販売を開始
ビジネス

レトリバ、データ分析AI「YOSHINA」の先行販売を開始

ビジネス

データをアップロードするだけで分析できる

株式会社レトリバは、分析AI「YOSHINA」の先行販売を5月22日より開始しました。一般販売は6月30日からとなります。

YOSHINAは、テキストデータをアップロードするだけで、迷わず簡単に価値あるデータを抽出できるテキスト解析ツールです。アンケートや顧客の声などの分析をする際に、「時間がない」、「分析の仕方が分からない」、「操作方法が覚えられない」、「機能が複雑で扱えない」といったような問題点を解決し、YOSHINAが「よしなに」分析を支援します。

使用方法は、分析したいテキストデータを用意し、データを画面に移動してアップロードするだけです。複雑な設定は必要なく、データ分析を専門としない人でも、ナビゲーションに従って迷わず使用することができます。

また、解析結果は、グラフを交えた見やすい一画面で提示し、全体像を簡単に把握することが可能です。さらに、コンサルタントによるレポート作成や分析支援などのオプションも用意しています。

初期費用は0円、使用のための年間契約プランは月額30万円からとなります。

AI技術で企業の生産性を向上

レトリバは、自然言語処理、機械学習、深層学習、AIを用いたソフトウェアの研究・開発・販売・導入およびサポートを行っています。

2019年には内閣府によるイノベーション創出・事業化を目的とした公募事業「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2019」の認定企業として採択され、名古屋市の「住民等から寄せられた声を効率的に分析して改善提案をする手法」をテーマとして、YOSHINAを活用し事業化に取り組んでいます。

プロジェクトでは、市役所に寄せられる市民の声を分析することにより、市民からのよくある質問を確認することで、応対マニュアルへの掲載など業務改善へつながることが期待されています。また、少数意見や要望から新たなきづきを発見し、手続き方法の拡充などサービス改善を行っていきます。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社レトリバ プレスリリース
https://retrieva.jp/info/press/date_202005221100/

※YOSHINA 製品ページ
https://yoshina.retrieva.jp/