1. HOME
  2. ビジネス
  3. キヤノンから新バージョンの「Web Performer」が登場
ビジネス

キヤノンから新バージョンの「Web Performer」が登場

ビジネス

さらに進化を遂げたWeb Performer

2020年5月12日、キヤノンITソリューションズ株式会社は新バージョンの「Web Performer」と「Web Performer Cloud」の販売をスタートしたことをプレスリリースにて発表しました。

Web Performerは同社が開発した超高速開発およびローコード開発プラットフォーム。

ビジネス環境はものすごいスピードで日々変化していきます。その変化に対応するには、先進技術を取り入れた革新的なイノベーションを推し進めていく必要があるのではないでしょうか。しかし、そのためには迅速にシステム開発をしていかなくてはなりません。

そこで同社は自社が展開するWeb Performerをさらに進化させることにしたのです。

どこが進化したのか

今回発売のWeb Performer V2.4は、サードベンダーから提供されたJavaScript部品やスクラッチを使って開発した部品の組み込みがこれまでよりも簡単にできるようになっています。

この進化により、Web Performerの活躍の幅が一段と広くなりました。

また、同時に販売スタートするWeb Performer CloudはWeb Performerを使って開発する時に必要な環境と、開発されたWebアプリケーションを実行する時に必要な環境をセットにしたクラウドプラットフォーム。

開発するシステムの規模に合わせてWeb Performer Cloudの実行環境を選ぶことができます。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※キヤノンITソリューションズ株式会社 プレスリリース
https://www.canon-its.co.jp/