1. HOME
  2. ビジネス
  3. 契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」に条文マッチング機能を追加
ビジネス

契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」に条文マッチング機能を追加

ビジネス

自社の契約書ひな形を基準に契約書をレビュー

株式会社LegalForceは、契約書レビュー支援ソフトウェア「LegalForce」において、レビュー対象の契約書と自社のひな形との差分を条文単位で比較する「条文マッチング」機能を4月9日から提供開始しました。

「条文マッチング」は、ユーザーからの「自社の契約書ひな形を基準に契約書レビューを行いたい」という要望を受けて開発された機能です。

これまで、多くの企業の法務部門は、相手方から受け取った契約書と、自社の「ひな形」とを比較して確認作業を行っていたが、案件によって様々な相違点があるため、1つ1つ条文を照合する負荷が大きい作業でした。

「条文マッチング」では、レビュー対象の契約書の条文が、それぞれ自社ひな形のどの条文に対応するか、自動で並び替えて比較します。これにより、条文単位で他社の契約書の相違点が一目瞭然となり、契約書レビュー業務にかかっていた作業の手間を大幅に削減することを実現しました。

契約書レビュー業務の効率化を支援

LegalForceは、2019年4月にサービス提供を開始した、企業法務における契約書レビュー業務の効率化を支援するソフトウェアです。

企業法務に精通している弁護士が作成した100種類以上のひな形が利用でき、データベースから必要な条文を自在に取り出す検索機能、契約書のリスクを瞬時に洗い出す自動レビュー機能や、自動抽出された類似契約書との差分を表示する機能なども備えています。

また、起案時の条項挿入、定型的な表現の過去事例の取得など、リサーチの工数削減に加え、ナレッジの共有も可能です。さらに、AIによるレビューと担当者によるチェックの二重化により、抜け漏れや見落としも防ぎます

LalForceでは、今後も法務の実務に即した様々な機能追加を行い、契約書レビュー業務の基盤となるサービスを目指していく意向を示しています。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社LegalForce プレスリリース
https://www.legalforce.co.jp/571