1. HOME
  2. ビジネス
  3. 新しい資金を生み出す方法、ワインファンディング
ビジネス

新しい資金を生み出す方法、ワインファンディング

ビジネス

シンボルワインの新サービス

2020年4月13日、株式会社カルーテは自社が運営する「シンボルワイン」において新しいサービスをスタートするとプレスリリースにて発表しました。

このシンボルワインというサイトではオリジナルのワインを作ることが可能。企業のロゴや伝えたいメッセージなどをオリジナルのデザインを印したボトルは様々なシチュエーションで活用されています。

見た目に驚いた後に、味わいでも驚いて欲しいという同社の願いから、ボトルのデザインだけでなくワインにもこだわりが詰まっています。そのワインを飲む人にぴったりのワインをお酒のプロフェッショナルが数百種類のワインの中からチョイス。

オリジナルワインでもハーフボトルは1,000円台、フルボトルでも3,000円台で作製できるのはワインポーターから直接仕入れているからこそできる技です。

資金を生み出すために

同社が今回スタートするのは「ワインファンディング」というサービス。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、売り上げが減少したり、休業を余儀なくされたりしている企業や飲食店へ向けたサービスです。

オリジナルのワインを作製して、シンボルワインの通信販売サイトにて販売。応援したいという気持ちのあるユーザーに購入してもらうことで資金を生み出すことができるというものです。

オリジナルワインを作りたい側とシンボルワインの間でワインの販売価格とラベルのデザインを決定した後は、販売用ウェブページ作成から商品の梱包から発送まで同社が全てやってくれます。

ワインを作りたい側ではオリジナルワイン販売の告知をするだけでいいのです。

Tシャツや帽子などのグッズは1つ買えば満足してしまう人が多いのですが、ワインなら飲んで美味しければまたリピート買いを期待することができます。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社カルーテ プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/210215