1. HOME
  2. ビジネス
  3. 「オンライン集合学習(β版)」のビジネス版がスタート
ビジネス

「オンライン集合学習(β版)」のビジネス版がスタート

ビジネス

ひとりでもみんなとでも

2020年4月1日、株式会社Schooは自社が展開する「オンライン集合学習(β版)」のビジネス版をスタートさせることをプレスリリースにて発表しました。

同社は「Schoo」というオンライン生放送学習コミュニティを提供している会社です。しかも、同社が提供しているオンライン生放送学習はひとりで学ぶだけではありません。みんなで一緒に学ぶことができるのです。

3つの機能に注目

今回スタートするSchooビジネスプランは社員教育や社員の自発的な学びをサポートするシステムとして開発されました。

社会人になると職場の先輩から学ぶことはたくさんあります。しかしながら、ビジネス環境はめまぐるしく変化しており、社内に教えられる人がいないということも。また、働き方改革の影響で、教えられる人がいても教える時間がないというケースも多々あります。

そんな状況をサポートできるのが同サービス。集合研修の替わりやグループ勉強会に活用することが可能です。

注目すべきは3つの機能。まずは「同時視聴機能」です。オーナーが開始時刻を設定し、対象社員が同じ時間に同じ動画を観ることができます。同社が用意している約5000もの動画だけでなく各社で用意したオリジナル動画でも自由に選ぶことが可能です。

次は「チャット機能」。チャット機能を使えば社員同士がリアルタイムにコミュニケーションをとることができます。動画を観ながら発生した疑問点や意見をその場で投げかけることができるため、スムーズにそれらを解決することが可能に。

最後は受講生を一覧で確認することができる「受講生のステータス確認機能」です。

受講中の画面には黄色いひよこのアイコンが表示されているのですが、集中して受講していないとこのアイコンのひよこが眠ってしまいます。ひよこが眠ってしまうと名前の横にある印が赤くなるため、集中して受講しているか否かが一目瞭然です。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社Schoo プレスリリース
http://corp.schoo.jp/2020/04/0401_press/