1. HOME
  2. ビジネス
  3. BlueMeme、夢テクノロジーとアジャイル開発技術者を育成するプロジェクト開始
ビジネス

BlueMeme、夢テクノロジーとアジャイル開発技術者を育成するプロジェクト開始

ビジネス

アジャイル開発の専門教育で技術者を育成

ローコード開発基盤「OutSystems」を展開する株式会社BlueMemeは、エンジニア派遣を手掛ける株式会社夢テクノロジーとともに、1,500名のアジャイル開発技術者を育成するプロジェクトを開始したことを発表した。

このプロジェクトは、加速度的に進行するIT人材不足問題を解消するべく、1,500名の技術者育成を目標に実施するもので、両社業務提携締結の下、秋葉原にアジャイルトレーニングセンターを設立した。

具体的な業務提携の内容としては、まず、夢テクノロジーがOutSystemsを用いたアジャイル開発の専門教育を通じ、技術者を1,500名育成する。そして、アジャイル開発に特化した人材を年間200名以上確保し、アジャイル開発案件に対するエンジニア供給を推進する。

また、夢テクノロジーは、BlueMemeと共同して、夢テクノロジーの人材に対し、OutSystems専門教育コースを立ち上げ、アジャイル開発トレーニングを加速する。

さらに両社は、アジャイル開発案件受注のための営業協力を相互に行い、夢テクノロジーは、BlueMemeと協力してOutSystemsを顧客に拡販するとともに開発案件請負のための専門チームを組成し、エンジニア育成にも活用していく。

高度なITエンジニアの膨大な需要に対応

加速するビジネス環境の変化に対し、ITを活用して生産性・競争力向上を図る企業が増加し、高度なIT人材のニーズは増加しているが、IT人材の不足は世界的に加速すると予測されている。

その問題を解消する有効手段の1つとして、コーディングを自動化するローコード技術を活用した、少人数、かつ短期間で実際に動作するソフトウェアが開発可能なアジャイル開発手法が注目されている。

BlueMemeは、2012年に日本で初めてローコード開発基盤「OutSystems」の導入および付随する開発を顧客へ提供して以来、OutSystemsの販売、ローカライゼーション、トレーニング、日本国内の製品サポートを提供すると同時に、OutSystems+アジャイル開発を専門とした業務システム開発、技術者の育成および技術支援を行ってきた。

一方、夢テクノロジーでは、若手エンジニアや業界未経験者を中心とする人材確保と、多様化するニーズに対応できる技術人材育成に注力してきた。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※株式会社BlueMeme プレスリリース
http://www.bluememe.jp/news/news-post_20200401.html