1. HOME
  2. ビジネス
  3. セゾン情報システムズ「BlackLine」導入により経理業務をデジタル化
ビジネス

セゾン情報システムズ「BlackLine」導入により経理業務をデジタル化

ビジネス

パイオニアによるクラウド型ソリューション

ブラックライン株式会社は2020年2月19日、株式会社セゾン情報システムズに経理財務部門のデジタル化を推進する目的で、クラウド型経理業務自動化システム「BlackLine」を導入、稼働開始したことを発表しました。

ブラックラインは、クラウド型ソリューションを提供しており、経理財務管理・自動化クラウド市場のパイオニアと評価されています。経理財務業務の近代化を支援することで、正確な決算報告書の作成や効率的な決算処理を実現します。

業務の自動化による時間削減

セゾン情報システムズは、経理財務部門において未だアナログであり、決算期における担当者の残業時間削減が課題となっていました。デジタル化することで単純業務を自動化、残業時間の削減やデータ分析、企業価値向上などを実現できます。

クラウド型経理業務自動化システム「BlackLine」を利用することで、リアルタイムの決算進捗状況をモニタリングすることができます。

勘定照合作業の自動化により工数の削減、アカウントを付与による情報共有を促進。また業務プロセスが可視化されるためガバナンスを強化することも可能です。

今後は追加でマッチング機能の利用を計画しており、さらなる決算対応工数の削減を期待し、断続的に経理財務部門業務のデジタル化、自動化を推進していくとしています。

(画像はプレスリリースより)

【参考】
※ブラックライン株式会社 プレスリリース
https://www.blackline.jp/